肉用ホルスタイン牛

 発育が良く、短期間で育てることができるホルスタイン牛は、和牛よりも安価で取引されることが多い品種です。雌牛は乳用牛として知られますが、雄牛は子牛から肉用牛として肥育され、地元の業者へと出荷されています。

特徴

 脂肪が少なく、赤身が多く、柔らかい肉質でヘルシーです。
 主に、国産牛と呼ばれるお肉は、ホルスタイン牛が多く、ハンバーグやソーセージのお肉としても使われています。

肉牛生産組合 村田 謙二 組合長

 ホルスタインのオスは、お肉になるのがほとんどないので、いっぱい美味しいエサを食べて、大きく健康に育てるよう心がけています。